COleClientItem::CreateFromFile

BOOL CreateFromFile ( LPCTSTR lpszFileName, REFCLSID clsid = CLSID_、 OLERENDER レンダリング = OLERENDER_DRAW、 CLIPFORMAT cfFormat = 0、 LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpszFileName

OLE アイテムから作成するファイルの名前へのポインター。

clsid

将来使用するために予約。

レンダリング

サーバー OLE アイテムを表示する方法を指定するフラグします。可能な値についてを参照してください OLERENDER OLE ドキュメント。

cfFormat

OLE アイテムの作成時にキャッシュされるクリップボード データ形式を指定します。

lpFormatEtc

ポインター、 FORMATETC構造のレンダリング OLERENDER_FORMATまたはOLERENDER_DRAWである場合に使用します。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合にのみ、値はこのパラメーターを指定します。このパラメーターを省略すると、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

ファイルから埋め込み OLE アイテムを作成するには、この関数を呼び出します。[オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックスからファイル ボタンから作成を選択すると、ユーザーが [ok] 選択した場合、フレームワークはCOleInsertDialog::CreateItemからこの関数を呼び出します。

詳細についてを参照してください OleCreateFromFile OLERENDER、および FORMATETC OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleInsertDialog::CreateItem(&N)

Index