COleClientItem::CanActivate

仮想 BOOL CanActivate ( );

戻り値

インプレース アクティブ化が許可されているそうでなければ 0。

解説

インプレース アクティベーション OLE 項目のユーザーを要求すると、フレームワークが呼び出します。この関数の戻り値は、インプレース アクティブ化を許可するかどうかを決定します。コンテナーが、有効なウィンドウが既定の実装はインプレース アクティブ化できます。承諾またはアクティベーション要求を断ることの特別なロジックを実装するには、この関数をオーバーライドします。OLE アイテムが小さすぎる、または現在表示されていない場合、ライセンス認証要求が拒否されます。

詳細についてを参照してください IOleInPlaceSite::CanInPlaceActivate OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index