COleClientItem::Activate

void アクティブ化 ( 長い nVerb, CView ※ pView, LPMSG lpMsg = NULL );

パラメーター

nVerb

実行する動詞を指定します。それは、次のいずれかをすることができます。:

意味 シンボル
-0 主動詞 OLEIVERB_PRIMARY
-1 副動詞 (なし)
-1 表示項目の編集 OLEIVERB_SHOW
-2 別のウィンドウでアイテムを編集します。 OLEIVERB_OPEN
-3 アイテムを非表示します。 OLEIVERB_HIDE

-1 の値は、通常別の動詞の別名です。開いて編集はサポートされていない場合は、-2、-1 と同じ効果があります。追加の値についてを参照してください IOleObject::DoVerb OLE ドキュメント。

pView

OLE アイテムを含むコンテナー表示ウィンドウへのポインター。これは、サーバー アプリケーションでインプレース アクティベーションが使用されます。コンテナーがインプレース アクティブ化をサポートしていない場合このパラメーターをNULLにする必要があります。

lpMsg

有効にする項目が発生したメッセージへのポインター。

解説

例外がスローされると、独自の処理を行うことができますので、 DoVerbの代わりに指定された動詞を実行するには、この関数を呼び出す。

Microsoft Foundation クラス ライブラリを使用して、サーバー アプリケーションの作成には、この関数を実行するには、対応するCOleServerItemオブジェクトのOnDoVerbメンバー関数をが。

主動詞は、編集、パラメーター nVerbに 0 を指定した場合は、サーバー アプリケーションを起動して編集するには、OLE アイテムを許可します。コンテナー アプリケーションでインプレース アクティブ化をサポートしている場合は、編集の場所で行うことができます。コンテナーがインプレース アクティブ化 (またはオープンの動詞が指定されているかどうか) をサポートしていない場合は、別のウィンドウで、サーバーが起動し、編集が行えます。通常、コンテナー アプリケーションのユーザーが OLE アイテムをダブルクリックすると、パラメーター nVerbの主動詞の値は、ユーザーが実行できる操作が決まります。サーバーは 1 つだけのアクションをサポートする場合は、しかし、問題ではない、パラメーター nVerbに値アクション、かかる。

詳細についてを参照してください IOleObject::DoVerb OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::DoVerbCOleServerItem::OnDoVerb(&N)

Index