COleChangeSourceDialog::GetItemName

CString GetItemName);

戻り値

アイテム モニカーの部分は、ソースの表示名は、コンス トラクターで指定された、 COleClientItem

解説

アイテム モニカーの部分は、リンクされているクライアント アイテムの表示名を取得するには、この関数を呼び出します。ファイル モニカー アイテム モニカーと共に完全な表示名を提供します。

COleChangeSourceDialog 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleChangeSourceDialog::GetFileNameCOleChangeSourceDialog::GetDisplayName(&N)

Index