CObList

CObListクラスは、ポインター値、または順番にアクセス可能な一意のCObjectポインターの順序付きリストをサポートします。CObListリストを二重にリンクされたリストのような動作します。

POSITION型の変数は、キーの一覧です。反復子一覧を順番にスキャンして場所を保持するためにブックマークとして、位置変数を使用できます。位置、同じインデックス、ただしはありません。

要素の挿入は、リストの先頭、末尾、および位置の既知の非常に高速です。順次検索は、値またはインデックスで要素を検索する必要があります。この検索は、リストが長い場合、低速にすることができます。

CObListのシリアル化とその要素の不法投棄をサポートするために、 IMPLEMENT_SERIALマクロが組み込まれています。CObjectポインターのリストをアーカイブ、オーバー ロードされた挿入演算子または、 Serializeメンバー関数が格納されている場合各CObject要素のシリアル化します。

リスト内の個々 のCObject要素のダンプが必要な場合は、1 以上に、ダンプ コンテキストの深さを設定する必要があります。

CObListオブジェクトが削除されると、またはその要素が削除されるときは、 CObjectポインターだけが削除され、参照オブジェクトではなく。

CObListから独自のクラスを派生することができます。新しいリスト クラスCObjectから派生したオブジェクトへのポインターを保持するように設計されて、新しいデータ メンバーとメンバー関数を追加します。CObjectポインターを挿入できるので、結果の一覧厳密にタイプ セーフではありません。

特価;リストをシリアル化する場合は、派生クラスの実装では、 IMPLEMENT_SERIALマクロを使用する必要があります。(&N)。

CObListの使い方の詳細については、参照してください コレクションVisual の C++ プログラマのガイド

#include lt;afxcoll.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

参照特価;CStringListCPtrList(&N)

Index