CObList::SetAt

void SetAt ( 位置 pos, CObject ※ newElement );

パラメーター

pos

設定する位置の要素。

newElement

リストに書き込まれる、 CObjectへのポインター。

解説

POSITION型の変数は、キーの一覧です。それは、インデックスと同じではない、自分の位置の値を操作することはできません。リスト内の指定した位置に、 CObjectポインターを setat します。

あなたの位置の値が、リスト内の有効な位置を表すことを確認する必要があります。有効でない場合は、Microsoft Foundation クラス ライブラリのデバッグ バージョンをアサートします。

   CObList リスト;CObject ※ pa;Pos の位置;リスト。AddHead (新しいケージ (21));リスト。AddHead (新しいケージ (40));//今のリストが含まれています (40、21)。場合 ((pos = リスト。GetTailPosition())! = NULL){特価;pa = リスト。GetAt (pos);//、古いポインターを保存//削除。リスト。SetAt (pos、新しいケージ (65));//尾を交換する//要素。pa を削除;//削除はメモリ リークを回避できます。}#ifdef _DEBUGafxDump.SetDepth (1);afxDump <<「SetAt 例:「<< & リスト <<"\n";#endif

このプログラムからの結果は次のとおりです。:

SetAt 例: CObList の 2 要素特価;$ でケージ 4 D 98 40ケージに $4DB8 で 65(&N)

CObList の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObList::FindCObList::GetAtCObList::GetNextCObList::GetPrev(&N)

Index