CObList::GetPrev

CObject ※ amp; GetPrev ( 位置 & rPosition );(&A)

CObject ※ GetPrev ( POSITIONamp; rPosition ) const;(&A)

戻り値

Gethead 関数の戻り値の説明を参照してください。

パラメーター

rPosition

位置の値への参照をGetPrevまたは他のメンバー関数の呼び出しが、前回返さ。

解説

RPosition、それからセットrPositionするには、リストの前のエントリの位置の値によって識別される、リスト要素を取得します。GetTailPositionまたは検索の呼び出しを最初の位置を確立する場合、逆の反復ループでGetPrevを使用することができます。

あなたの位置の値が、リスト内の有効な位置を表すことを確認する必要があります。有効でない場合は、Microsoft Foundation クラス ライブラリのデバッグ バージョンをアサートします。

[取得した要素がリストの最初の場合は、 rPositionの新しい値はNULLに設定されています。

   CObList リスト;Pos の位置;リスト。AddHead (新しい CAge(21));リスト。AddHead (新しい CAge(40));//今のリストが含まれています (40、21)。//尾の頭の順序でリストを反復処理します。(pos = リスト。GetTailPosition();pos! = NULL;){#ifdef _DEBUG特価;afxDump << リスト。GetPrev (pos) <<"\n";#endif}

このプログラムからの結果は次のとおりです。:

ケージの C で $421 21ケージの C で $421 40

CObList の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObList::FindCObList::GetTailPositionCObList::GetHeadPositionCObList::GetNextCObList::GetHead(&N)

Index