CObList::GetHead

CObject ※ amp; Gethead 関数 ( );(&A)

CObject ※ Gethead 関数 ( ) const;

戻り値

リストをconst CObListへのポインターを通じてアクセスされる場合、 gethead 関数CObjectへのポインターを返します。これは、関数を代入ステートメントの右側でのみ使用することができ、したがって、リスト変更から保護。

リストが直接または、 CObListへのポインターを通じてアクセスされる場合、 gethead 関数CObjectポインターへの参照を返します。これは、関数を代入ステートメントのいずれかの側で使用することができ。、したがって、リストのエントリを変更することができます。

解説

このリストの先頭要素を表す、 CObjectへのポインターを取得します。

リストgethead 関数を呼び出す前に空でないことを確認する必要があります。リストが空の場合は、Microsoft Foundation クラス ライブラリのデバッグ バージョンをアサートします。IsEmptyを使用してリストに要素が含まれていることを確認するには。

Gethead 関数を代入ステートメントの左側にある上の使用例を示しています。

特価;const CObList ※ cplist;CObList ※ plist 新しい CObList; =ケージ ※ page1 新しいケージ (21); =ケージ ※ page2 新しいケージ (30); =ケージ ※ page3 新しいケージ (40); =plist - > AddHead (page1);plist - > AddHead (ページ 2);//今のリストが含まれています (30、21)。//頭の要素は次のステートメントを置き換えます。plist - > GetHead() page3; =//今のリストが含まれています (40、21)。ASSERT (*(CAge*) plist - > GetHead() ケージ (40) = =);cplist = plist;・ cplist は const をリストへのポインター。//cplist - > GetHead() page3; =//エラー: const をリストへのポインターを割り当てることはできませんASSERT (*(CAge*) plist - > GetHead() ケージ (40) = =);//OKpage1 を削除;page2 を削除;page3 を削除;plist を削除;//最大メモリをクリーンアップ

CObList の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObList::GetTailCObList::GetTailPositionCObList::AddHeadCObList::RemoveHead(&N)

Index