Cobject::serialize

仮想 void シリアル化 ( CArchiveamp; ar );
スロー ( CMemoryException );
スロー ( CArchiveException );
スロー ( CFileException );(&A)

パラメーター

ar

またはをシリアル化するには、 CArchiveオブジェクト。

解説

読み取りまたはこのオブジェクトまたはアーカイブに書き込みます。

シリアル化する各クラスのSerializeをオーバーライドする必要があります。オーバーライドされたSerializeはまず、基本クラスのSerialize関数を呼び出す必要があります。

クラス宣言で、またDECLARE_SERIALマクロを使用する必要があり。、実装では、 IMPLEMENT_SERIALマクロを使用する必要があります。

CArchive::IsLoadingまたはCArchive::IsStoringを使用して、アーカイブの読み込みを保存するかどうかを確認するには。

Serializeは、 CArchive::ReadObjectCArchive::WriteObjectによって呼び出されます。これらの関数は、 CArchiveの挿入演算子に関連付けられている (lt; <) および抽出演算子 (>>)。

シリアル化の例を参照してください シリアル化 (オブジェクトの保存)Visual の C++ プログラマのガイド

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge すべてのCObject例で使用されるクラス。

//例で cobject::serialize をvoid CAge::Serialize (CArchiveamp; ar){:Serialize (ar);場合は (ar。IsStoring())ar << m_years;他ar >> m_years;}

CObject の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index