CObject::IsKindOf

BOOL IsKindOf ( const CRuntimeClass ※ pClass const;

戻り値

オブジェクト クラスに対応するそうでなければ 0。

パラメーター

pClass

CObjectを関連付けられたCRuntimeClass構造体へのポインター-派生クラス。

解説

PClassテスト (1) は、指定したクラスのオブジェクトか (2) は、クラスのオブジェクトを参照するには、指定のクラスから派生しました。この機能、 DECLARE_DYNAMICまたはDECLARE_SERIALマクロで宣言されているクラスだけは。

C++ ポリモーフィズム機能を破るためこの関数は広範囲に使用しないでください。仮想関数を代わりに使用します。

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge すべてのCObject例で使用されるクラス。

 //CObject::IsKindOf の例ケージ a(21);・ IMPLEMENT_DYNAMIC または IMPLEMENT_SERIAL を使用する必要がありますASSERT (a.IsKindOf (RUNTIME_CLASS (ケージ)));ASSERT (a.IsKindOf (RUNTIME_CLASS (CObject)))

CObject の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObject::GetRuntimeClassRUNTIME_CLASS CObject クラス: ランタイム クラス情報へのアクセス(&N)

Index