CObject::GetRuntimeClass

仮想 CRuntimeClass ※ GetRuntimeClass ( ) const;

戻り値

このオブジェクトのクラスに対応する、 CRuntimeClass構造体へのポインター。決してNULL

解説

ある 1 つのCRuntimeClass構造の各CObject-クラスを派生します。構造体メンバーは次のとおりです。:

Professional および Enterprise Edition の機能のみの特価;静的に MFC にリンクされる Visual の C++ の Professional および Enterprise Edition でのみサポートされているです。詳細についてを参照してください Visual C のエディション(&N)。

この関数は、 IMPLEMENT_DYNAMICまたはIMPLEMENT_SERIALでのマクロのクラスの実装が必要です。それ以外の場合、不適切な結果を得る。

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge すべてのCObject例で使用されるクラス。

//CObject::GetRuntimeClass の例ケージ a(21);CRuntimeClass ※ prt = a.GetRuntimeClass();ASSERT (strcmp (prt gt; m_lpszClassName、「ケージ」) = = 0)(&G)

CObject の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObject::IsKindOfRUNTIME_CLASS(&N)

Index