CObject::Dump

仮想 void ダンプ ( CDumpContextamp; dc ) const;(&A)

パラメーター

dc

ダンプ、通常afxDump診断ダンプ コンテキスト。

解説

オブジェクトに、 CDumpContextオブジェクトの内容をダンプします。

独自のクラスを記述するときは、自分自身とあなたのクラスの他のユーザーのための診断サービスを提供するために、ダンプの関数をオーバーライドします。オーバーライドされたダンプ通常印刷データ メンバーの前に基本クラスのDump関数、派生クラスに固有の呼び出し。IMPLEMENT_DYNAMICまたはIMPLEMENT_SERIALマクロをクラスを使用する場合CObject::Dumpクラス名を印刷します。

特価;ダンプ関数は改行文字は、出力の最後にする必要はありません。(&N)。

ダンプの呼び出しは、Microsoft Foundation クラス ライブラリのデバッグ バージョンでだけ意味します。呼び出し、関数の宣言と関数の実装#ifdef _DEBUGと角かっこする必要があります/#endifステートメントは条件付きコンパイル。

ダンプconst関数は、オブジェクトの状態をダンプ中に変更することはできません。

CDumpContext 挿入 (lt; <) 演算子ダンプCObjectへのポインターを挿入するときに呼び出します。

ダンプのみに「向」のオブジェクトのダンプしますできます。オブジェクトのリストをダンプすることができますたとえばが 1 つのオブジェクトのリスト自体の場合は、最終的にスタックをオーバーフローします。

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge すべてのCObject例で使用されるクラス。

//CObject::Dump の例CAge::Dump (CDumpContext amp; dc) const void します。{CObject::Dump (dc);dc <<」時代 ="<< m_years;}

CObject の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index