CObArray::SetSize

void SetSize ( int nNewSize, int nGrowBy = -1 );
スロー ( CMemoryException );

パラメーター

nNewSize

新しい配列のサイズ (要素数)。0 以上にする必要があります。

nGrowBy

サイズを増やす必要がある場合、確保する要素スロットの最小数。

解説

空または既存の配列のサイズを設定します。必要に応じてメモリを割り当てます。新しいサイズが元のサイズより小さい場合、配列は切り詰めし、すべての未使用のメモリは解放されます。効率を高めるため、のそれを使用する前に、配列のサイズを設定するには、 setsize 関数で配列を呼び出します。これは、再割り当てし、アイテムが追加されるたびに配列をコピーする必要がをなくなります。

配列がngrowby内部メモリの割り当てに影響します。その使用はGetSizeGetUpperBoundによって報告される、配列のサイズに影響を与える。

CObArray::SetSizeに似ている他のメンバー関数を次に示します。

クラス メンバー関数
CByteArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CDWordArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CPtrArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CStringArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CUIntArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CWordArray 無効 SetSize (int nNewSize、int nGrowBy =-1);
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)

CObArray 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index