CObArray::SetAtGrow

void SetAtGrow ( int nIndex, CObject ※ newElement );
スロー ( CMemoryException );

パラメーター

nIndex

0 以上の整数インデックス。

newElement

この配列に追加するオブジェクトのポインター。NULL値を許可します。

解説

配列要素を指定したインデックス位置に設定します。配列を必要に応じて自動的に拡張 (つまり、上限から新しい要素に対応する調整されます)。

CObArray::SetAtGrowに似ている他のメンバー関数を次に示します。

クラス メンバー関数
CByteArray void SetAtGrow (int nIndex、バイト newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CDWordArray void SetAtGrow (int nIndex、DWORD newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CPtrArray void SetAtGrow (int nIndexvoid ※ newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CStringArray void SetAtGrow (int nIndex、LPCTSTR newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CUIntArray void SetAtGrow (int nIndex、UINT newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)
CWordArray void SetAtGrow (int nIndex、WORD newElement );
特価;スロー ( CMemoryException );(&N)

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge コレクションのすべての例で使用されるクラス。

//CObArray::SetAtGrow の例特価;CObArray 配列;配列。(新しいケージ (21)) を追加;//0 の要素配列。(新しいケージ (40)) を追加;//要素 1配列。SetAtGrow (3、新しいケージ (65));//要素 2 意図的に//スキップします。#ifdef _DEBUGafxDump.SetDepth (1);afxDump <<「SetAtGrow 例:「<< ・ アレイ <<"\n";#endif

このプログラムからの結果は次のとおりです。:

SetAtGrow 例: CObArray の 4 要素特価;[0] はケージ C で $47 を = 0 21[1] = $4800 でケージ 40[2] = NULL[3] = $4840 でケージ 65(&N)

CObArray 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CObArray::GetAtCObArray::SetAtCObArray::ElementAt CObArray::operator(&N)

Index