CMonikerFile

CMonikerFileオブジェクトを表すデータのストリーム ( IStream) という、 IMoniker

モニカーにはファイルにパス名のような多くの情報が含まれています。モニカー オブジェクトのIMonikerインターフェイスへのポインターがある場合は、ファイルが実際にある、その他の特定情報をしなくても特定のファイルへのアクセスを得ることができます。

COleStreamFileから派生した、 CMonikerFileモニカーまたはモニカーにすることができます、文字列を受け取り、モニカーは名前がストリームにバインドします。読むし、そのストリームに書き込むことができます。CMonikerFileの真の目的は、 IStream秒の場合はありませんので、ストリームにバインド、まだCFile機能をストリームにする投稿のIMonikers という名前の簡単なアクセスを提供することです。

CMonikerFileストリーム以外の値にバインドには使用できません。ストレージまたはオブジェクトにバインドする場合、 IMonikerインターフェイスを直接使用する必要があります。

ストリームとモニカーの詳細についてを参照してくださいCOleStreamFile MFC クラス ライブラリ リファレンス IStream IMoniker OLE プログラマ リファレンス

#include lt;afxole.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

参照特価;CAsyncMonikerFile(&N)

Index