CMetaFileDC::CreateEnhanced

BOOL CreateEnhanced ( CDC ※ pDCRef, LPCTSTR lpszFileName, LPCRECT lpBounds, LPCTSTR lpszDescription );

戻り値

拡張メタファイル、成功した場合は、デバイス コンテキストのハンドル。それ以外の場合NULL

パラメーター

pDCRef

拡張メタファイルの参照デバイスを識別します。

lpszFileName

Null で終わる文字列へのポインター。作成する拡張メタファイルのファイル名を指定します。このパラメーターがNULLの場合は、拡張メタファイルをメモリ ベースと、オブジェクトが破棄されるとき、またはときに失われた内容は、 :: DeleteEnhMetaFile関数が呼び出されます。

lpBounds

RECTデータ構造体や、拡張メタファイルに格納されるHIMETRIC単位で (.01 mm 単位)、画像のサイズを指定するCRectオブジェクトへのポインター。

lpszDescription

画像のタイトルと同様に、画像を作成したアプリケーションの名前を指定します、0 で終わる文字列へのポインター。

解説

拡張形式メタファイルのデバイス コンテキストを作成します。この DC をデバイスに依存しない画像を格納する使用することができます。

Windows では、パラメーター pdcref で識別される参照デバイスを使用して、解像度と画像が本来表示デバイスのユニットを記録します。パラメーター pdcrefNULLの場合は、現在のディスプレイ デバイスを参照使用されます。

パラメーター lpBoundsで指摘したRECTデータ構造体の左と上のメンバーそれぞれの右側と下側のメンバーよりも小さくする必要があります。四角形の端点は、画像に含まれています。LpBoundsNULLの場合は、グラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) によってアプリケーションに描かれた絵を囲むことができる最小の四角形の寸法を計算します。パラメーター lpBoundsは、可能な限り提供する必要があります。

LpszDescriptionパラメーターが指す文字列は null 文字画像名とアプリケーション名を含める必要があり、2 つの null 文字で終了する必要があります-たとえば、「XYZ グラフィック Editor\0Bald \0 null 文字を表します場所 Eagle\0\0、」.LpszDescriptionNULLの場合は、エントリがない対応する拡張メタファイルのヘッダー。

アプリケーションでは、この関数によって作成された DC を使用して拡張メタファイルにグラフィック画像を格納します。この DC を識別するハンドルは、任意の GDI 関数に渡すことができます。

アプリケーション、画像拡張メタファイルに格納した後は、画像は出力デバイスにCDC::PlayMetaFile関数を呼び出すことによって表示できます。画像を表示すると、Windows では、パラメーター lpBoundsと解像度データが、リファレンス デバイスから指摘した長方形を使用する位置し、画像を拡大します。この関数によって返されたデバイス コンテキストが含まれている任意の新しい DC に関連付けられている、同じの既定の属性。

アプリケーションする必要があります使用する、 :: GetWinMetaFileBits拡張メタファイルを古い Windows メタファイル形式に変換する関数。

拡張メタファイルのファイル名を使用する必要がありますは。EMF の拡張。

CMetaFileDC 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

See Also   CMetaFileDC::CloseEnhanced, CDC::PlayMetaFile, ::CloseEnhMetaFile, ::DeleteEnhMetaFile, ::GetEnhMetaFileDescription, ::GetEnhMetaFileHeader, ::GetWinMetaFileBits, ::PlayEnhMetaFile

Index