CMenu::SetMenuItemBitmaps

BOOL SetMenuItemBitmaps ( UINT nPosition, UINT nFlags, const CBitmap ※ pBmpUnchecked, const CBitmap ※ pBmpChecked );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

nPosition

変更するメニュー項目を指定します。NFlagsパラメーターは、次の方法でのnPositionの解釈を使用できます。:

nFlags NPosition の解釈
MF_BYCOMMAND 既存のメニュー項目のコマンド ID をパラメーターに指定を指定します。MF_BYCOMMANDMF_BYPOSITIONのどちらに設定されている場合、これがデフォルトです。
MF_BYPOSITION 既存のメニュー項目の位置をパラメーターに指定を指定します。最初の項目の位置は 0 です。

nFlags

NPositionの解釈方法を指定します。

pBmpUnchecked

チェックされないメニュー項目を使用するビットマップを指定します。

pBmpChecked

チェックされているメニュー項目を使用するビットマップを指定します。

解説

指定したビットマップは、メニュー項目に関連付けます。メニュー項目をオンまたはオフかどうか、適切なビットマップをメニュー項目の横にウィンドウが表示されます。

PBmpUncheckedまたはpBmpCheckedのいずれかがNULLの場合、Windows は何もメニュー項目に対応する属性の横に表示します。項目がチェックされ、項目がチェックされていない場合、チェック マークを削除する場合は両方のパラメーターがNULLの場合、既定のチェック マーク Windows の使用します。

メニューが破棄されると、これらのビットマップは破棄されません。アプリケーションはそれらを破壊する必要があります。

Windows GetMenuCheckMarkDimensions関数では、メニュー項目を使用既定のチェック マークのサイズを取得します。アプリケーションでは、これらの値を使用してこの関数に渡すビットマップの適切なサイズを決定します。サイズを取得し、ビットマップを作成、設定。

CMenu 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; :: GetMenuCheckMarkDimensions :: SetMenuItemBitmaps(&N)

Index