CMenu::LoadMenu

BOOL LoadMenu ( LPCTSTR lpszResourceName );

BOOL LoadMenu ( UINT nIDResource );

戻り値

メニュー リソースが正常に読み込まれましたそうでなければ 0。

パラメーター

lpszResourceName

読み込むメニュー リソースの名前を含む null で終わる文字列へのポインター。

nIDResource

ロードするメニューのメニュー リソース id します。

解説

アプリケーションの実行可能ファイルからメニュー リソースを読み込み、 CMenuオブジェクトに結び付けます。

終了する前に、アプリケーション、メニュー、ウィンドウに割り当てられていない場合、メニューに関連付けられたシステム リソースを解放する必要があります。DestroyMenuメンバー関数を呼び出して、メニュー アプリケーションを解放します。

CMenu 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMenu::AppendMenuCMenu::DestroyMenuCMenu::LoadMenuIndirect :: LoadMenu(&N)

Index