CMDIChildWnd::Create

BOOL の作成 ( LPCTSTR lpszClassName, LPCTSTR lpszWindowName, DWORD dwStyle = WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_OVERLAPPEDWINDOW、 const RECTamp; rect = rectDefault、 CMDIFrameWnd ※ pParentWnd = NULL CCreateContext ※ pContext = NULL );(&A)

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpszClassName

ポイントの Windows クラスの名前を null で終わる文字列に (、 WNDCLASS構造)。クラス名は、 AfxRegisterWndClassグローバル関数が登録されている任意の名前をすることができます。NULLは標準CMDIChildWndをする必要があります。

lpszWindowName

ウィンドウ名を表す null で終わる文字列へのポインター。テキストとしてタイトル バーの使用。

dwStyle

ウィンドウスタイル属性を指定します。Required.nbsp は、 WS_CHILDスタイルです。(&N);

rect

ウィンドウの位置とサイズが含まれています。RectDefault値 Windows 新しいCMDIChildWndの位置とサイズを指定することができます。

pParentWnd

ウィンドウの親ウィンドウを指定します。NULLアプリケーションのメイン ウィンドウを使用する場合。

pContext

CCreateContext構造体を指定します。このパラメーターをNULLにすることができます。

解説

Windows MDI 子ウィンドウを作成し、 CMDIChildWndオブジェクトにアタッチするにはこのメンバー関数を呼び出す。

現在アクティブな MDI 子フレーム ウィンドウは、親フレーム ウィンドウのキャプションを確認できます。子フレーム ウィンドウのFWS_ADDTOTITLEスタイル ビットをオフにすることによってこの機能を無効に。

フレームワークは、子ウィンドウを作成するには、ユーザー コマンドに応答してこのメンバー関数を呼び出します、パラメーター pContextフレームワークを使用して正しく、子ウィンドウがアプリケーションに接続します。Createを呼び出すときは、 pContextNULLにすることができます。

CMDIChildWnd 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMDIChildWnd::CMDIChildWndCWnd::PreCreateWindow(&N)

Index