CMapWordToOb

CMapWordToObクラスを 16 ビット ワードをキーとしたCObjectポインターのマップをサポートします。

CMapWordToObのメンバー関数は、対応付けられますクラスのメンバー関数に似ています。この類似性のため、メンバー関数の詳細については、対応付けられますのリファレンス ドキュメントを使用できます。関数パラメーターまたは戻り値として、 CStringまたはcharへのconstポインターを見る限り、単語を置き換える。

 BOOL CMapStringToOb::Lookup (const char ※ lt; キー >、CObject* & <rValue>) const

たとえば、

BOOL CMapWordToOb::Lookup (WORD lt; キー >、CObject ※ & <rValue>) const

CMapWordToObには、シリアル化およびその要素の不法投棄をサポートするために、 IMPLEMENT_SERIALマクロが組み込まれています。地図アーカイブ、オーバー ロードされた挿入のいずれかに格納されている場合の各要素にシリアル化されます (lt; <) 演算子またはSerializeメンバー関数。

個々 の単語-CObject要素にダンプする 1 以上に、ダンプ コンテキストの深さを設定する必要があります。

CMapWordToObオブジェクトが削除されると、またはその要素が削除されるときは、 CObjectオブジェクトとして適切な削除します。

CMapWordToObの詳細については、参照してください コレクションVisual の C++ プログラマのガイド

#include lt;afxcoll.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

Index