CMapStringToOb::RemoveKey

BOOL RemoveKey ( LPCTSTR キー );

戻り値

以外の場合は、エントリを発見し、正常に削除;そうでなければ 0。

パラメーター

キー

マップの検索に使用する文字列を指定します。

解説

指定されたキーに対応するマップ エントリになります。その後、キーが見つかった場合は、エントリを削除します。CObjectオブジェクトが削除されない場合このメモリ リークが発生することができます。

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge コレクションのすべての例で使用されるクラス。

//CMapStringToOb::RemoveKey の例対応付けられます地図;マップ。SetAt (「バート」、新しいケージ (13));マップ。SetAt (「リサ」、新しいケージ (11));マップ。SetAt (「ホームラン」、新しいケージ (36));マップ。SetAt (「マージ」、新しいケージ (35));マップ。RemoveKey (「リサ」);//メモリ リークが発生する: オブジェクト ケージのないです。特価;//削除します。#ifdef _DEBUGafxDump.SetDepth (1);afxDump <<「RemoveKey 例:「<< & マップ <<"\n";#endif

このプログラムからの結果は次のとおりです。:

RemoveKey 例: 3 つの要素に対応付けられます特価;[マージ] をケージに $49A0 = 35[ホーマー]、ケージに $495E = 36[バート]、ケージに $4634 = 13(&N)

対応付けられます概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMapStringToOb::RemoveAll(&N)

Index