CMapStringToOb::GetNextAssoc

void GetNextAssoc ( POSITIONamp; rNextPosition, CString & $rkey, CObject ※ & 右辺値 ) const;(&A)

パラメーター

rNextPosition

以前のGetNextAssocまたはGetStartPositionの呼び出しによって返される位置の値への参照を指定します。

$rkey

返される要素のキーの取得 (文字列) を指定します。

右辺値

取得した要素 ( CObjectポインター) の戻り値を指定します。このパラメーターの詳細の「解説」を参照してください。

解説

RNextPosition、マップ要素を取得し、マップ内の次の要素を参照するには、 rNextPositionを更新します。この関数は、マップ内のすべての要素を反復処理するために最適です。位置の順序必ずしもキーの値の順序と同じではありません。

[取得した要素がマップ内の最後の場合は、 rNextPositionの新しい値はNULLに設定されています。

右辺値パラメーターの場合は、オブジェクト型にキャストすることが必ずCObject ※ amp;が何が必要か、コンパイラ、次の例で示すように(&A):

いる CMyObject ※ ob;マップ。GetNextAssoc (pos、キー (CObject ※ amp;) ob)(&A)

これはGetNextAssocの真のテンプレートに基づくマップではありません。

CObList::CObListを参照してくださいの一覧については、 CAge コレクションのすべての例で使用されるクラス。

//CMapStringToOb::GetNextAssoc と CMapStringToOb::GetStartPosition の例対応付けられます地図;Pos の位置;CString キー;ケージ ※ pa;マップ。SetAt (「バート」、新しいケージ (13));マップ。SetAt (「リサ」、新しいケージ (11));マップ。SetAt (「ホームラン」、新しいケージ (36));マップ。SetAt (「マージ」、新しいケージ (35));//名前と年齢をダンプ、全体のマップを繰り返し処理します。(pos = 地図。GetStartPosition();pos! = NULL;){マップ。GetNextAssoc (pos、キー (CObject ※ amp;) pa);#ifdef _DEBUGafxDump << キー <<」:「<< pa <<"\n";#endif}

このプログラムからの結果は次のとおりです。:

リサ: $4724 でケージ 11マージ: $47A8 でケージ 35ホメロス: 4766 ドルでケージ 36バート: $45 でケージ 4 13

対応付けられます概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMapStringToOb::GetStartPosition(&N)

Index