CListCtrl::CreateDragImage

CImageList ※ CreateDragImage ( int nItem, LPPOINT lpPoint );

戻り値

成功した場合のドラッグ イメージ リストへのポインター。それ以外の場合NULL

パラメーター

nItem

そのドラッグ イメージ リストを作成するアイテムのインデックス。

lpPoint

アドレスは 、イメージの左上の初期位置を受け取るPOINT構造体の座標を表示。

解説

NItemで指定されたアイテムのドラッグ イメージ リストを作成するには、この関数を呼び出します。CImageListオブジェクトは永続的ですし、それが終了すると削除する必要があります。たとえば:

CImageList ※ pImageList (nItem、amp; ポイント); MyListCtrl.CreateDragImage =......pImageList を削除します。(&A)

CListCtrl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CImageListCListCtrl::GetImageList(&N)

Index