CListBox::VKeyToItem

仮想 int VKeyToItem (UINT が nKey、UINT nIndex );

戻り値

Returnsnbsp;-2 以上のアクションを-1 の既定のアクションは、リスト ボックスの項目を入力するキーストロークは、既定のアクションを実行するインデックスを指定する負でない数値(&N)。

パラメーター

nKey

ユーザーが押したキーの仮想キー コード。

nIndex

リスト ボックス カレットの現在位置。

解説

リスト ボックスの親ウィンドウがリスト ボックスからWM_VKEYTOITEMメッセージを受信すると、フレームワークによってこの関数が呼び出されます。WM_KEYDOWNメッセージ、受信しますが、のみ、リスト ボックス、次の両方を満たしている場合に、 WM_VKEYTOITEMメッセージをリスト ボックスで送信します。:

決して自分でこの関数を呼び出す必要があります。独自キーボード メッセージのカスタム処理を提供するには、この関数をオーバーライドします。

オーバーライドを実行アクション フレームワークを指示する値を返す必要があります。戻り値 ofnbsp;-2 アプリケーション項目を選択のすべての側面を処理ことを示しますが、リスト ボックスで操作は必要ありません。2 を返す-前に、選択範囲を設定またはキャレットまたは両方を移動できませんでした。選択範囲を設定するには、 SetCurSelまたはSetSelを使用します。キャレットを移動するには、 SetCaretIndexを使用します。(&N)。

戻り値 ofnbsp;-1 は、リスト ボックスに応答するには、キーストロークの既定のアクションを実行することを示します。既定の実装を返します-1(&N)。

戻り値が 0 以上のリスト ボックスの項目のインデックスを指定し、[リスト ボックス項目でキーストロークを既定のアクションを実行することを示します。

CListBox 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CListBox::CharToItemCListBox::SetCurSelCListBox::SetSelCListBox::SetCaretIndex(&N)

Index