CListBox::GetItemHeight

int GetItemHeight ( int nIndex const;

戻り値

リスト ボックスの項目のピクセルでの高さ。LBS_OWNERDRAWVARIABLEスタイルのリスト ボックスがある場合、戻り値nIndexにより指定されたアイテムの高さです。エラーが発生した場合は、戻り値はLB_ERRです。

パラメーター

nIndex

項目の 0 から始まるインデックスでは、リスト ボックスを指定します。リスト ボックスLBS_OWNERDRAWVARIABLEスタイル場合だけこのパラメーターが使用されます;それ以外の場合、0 に設定する必要があります。

解説

アプリケーションのリスト ボックスの項目の高さを決定するには、 GetItemHeightメンバー関数を呼び出します。

CListBox 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; LB_GETITEMHEIGHTCListBox::SetItemHeight(&N)

Index