CListBox::Create

BOOL の作成 ( DWORD dwStyle, const RECTamp; rect, CWnd ※ pParentWnd, UINT nID );(&A)

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

dwStyle

リスト ボックスのスタイルを指定します。リスト ボックスのスタイルの任意の組み合わせを box.nbsp に適用します。(&N);

rect

リスト ボックスのサイズと位置を指定します。CRectオブジェクトまたはRECT構造体のいずれかにすることができます。

pParentWnd

リスト ボックスの親ウィンドウ (通常はCDialogオブジェクト) を指定します。NULLできませんする必要があります。

nID

リスト ボックスのコントロール ID を指定します。

解説

2 つの手順でCListBoxオブジェクトを構築します。最初のコンス トラクターを呼び出すし、Windows リスト ボックスを初期化し、 CListBoxオブジェクトに結び付けます作成を呼び出します。

作成を実行すると、Windows WM_NCCREATEWM_CREATE WM_NCCALCSIZEWM_GETMINMAXINFOメッセージをリスト ボックス コントロールに送信します。

これらのメッセージは既定では、 OnNcCreateOnCreateOnNcCalcSize、およびOnGetMinMaxInfoメンバー関数は、 CWndの基本クラスによって処理されます。既定のメッセージ処理を拡張するには、 CListBoxからクラスを派生を新しいクラスにメッセージ マップを追加、上記のメッセージ ハンドラー メンバー関数をオーバーライドします。OnCreateをオーバーライド、たとえば、実行する初期化は新しいクラスに必要な。

次のウィンドウ スタイルをリスト ボックス control.nbsp を適用します。(&N);

CListBox 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CListBox::CListBox(&N)

Index