CIPAddressCtrl::SetAddress

void SetAddress (バイト nField0,バイトnField1,バイトnField2、バイトnField3);

void SetAddress (DWORD dwAddress);

パラメーター

nField0

パックされた IP アドレスからのフィールド 0 の値。

nField1

パックされた IP アドレスからのフィールド 1 の値。

nField2

パックされた IP アドレスからのフィールド 2 の値。

nField3

パックされた IP アドレスからのフィールド 3 の値。

dwAddress

DWORD値の新しい IP アドレスが含まれています。DWORD値の入力方法を示す表の解説を参照してください。

解説

このメンバー関数を実装する Win32 メッセージの動作は プラットフォーム SDKで説明されている、 IPM_SETADDRESS、。

上記最初のプロトタイプが、読む番号 0 〜 3、コントロールのフィールドにそれぞれ左から右、4 つのパラメーターを設定します。上記の 2 番目のプロトタイプでdwAddressは次のとおり設定されます。

フィールド ビット フィールド値を含む
0 24 〜 31
1 16 〜 23
2 8 〜 15
3 0 〜 7

CIPAddressCtrl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CIPAddressCtrl::GetAddressCIPAddressCtrl::ClearAddress(&N)

Index