CInternetSession::QueryOption

BOOL QueryOption (DWORD dwOption、LPVOID lpBuffer、LPDWORD lpdwBufLen ) const;

BOOL QueryOption (DWORD dwOption、DWORDamp;dwvalue:) const;(&A)

戻り値

操作が成功した場合は、 TRUEの値が返されます。エラーが発生した場合は、 FALSEの値が返されます。呼び出しが失敗した場合は、Win32 関数 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定するには。

パラメーター

dwOption

クエリは、インターネット オプション。参照してください InternetQueryOptionプラットフォーム sdk の可能なオプションの一覧。

lpBuffer

オプション設定を受信バッファー。

lpdwBufLen

LpBufferの長さを含む DWORD へのポインター。リターンでは、このlpBufferに置かれるデータの長さが含まれています。

dwvalue:

LpBufferの代わりにQueryOptionを送信。

解説

5 つの基本的なエラー チェックをアサートを提供します。

選択し、クエリに特定のオプションを設定するには、 CInternetSession::SetOptionを参照してください。

INTERNET_OPTION_HANDLE_TYPEの可能な設定は次のとおりです。:

CInternetSession 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CInternetSession::ServiceTypeFromHandleCInternetSession::SetOption(&N)

Index