CInternetSession::GetFtpConnection

CFtpConnection ※ GetFtpConnection (LPCTSTR pstrServer、LPCTSTR pstrUserName = NULL、LPCTSTR pstrPassword = NULL、INTERNET_PORT nPort INTERNET_INVALID_PORT_NUMBER、BOOL を = bPassive FALSE =);
(CInternetException) をスローします。;

戻り値

CFtpConnectionオブジェクトへのポインター。呼び出しが失敗した場合は、スローされたCInternetExceptionオブジェクトを調べることによって、失敗の原因を判断します。

パラメーター

pstrServer

FTP サーバー名を含む文字列へのポインター。

pstrUserName

ログインするユーザーの名前を指定する null で終わる文字列へのポインター。NULL、既定値が匿名の場合。

pstrPassword

ログインに使用するパスワードを指定する null で終わる文字列へのポインター。PstrPasswordpstrUserNameの両方がNULL場合は、既定の匿名パスワード、ユーザーの電子メール名です。PstrPasswordNULLまたは空の文字列) ですが、 pstrUserNameNULLでない場合は、空白のパスワードが使用されます。次の表に、 pstrUserNamepstrPasswordの 4 つの可能な設定の動作:

pstrUserName pstrPassword FTP サーバーに送信されるユーザー名 FTP サーバーに送信されるパスワード
NULLまたは」」 NULLまたは」」 「匿名」 ユーザーの電子メール名
非-NULL文字列 NULLまたは」」 pstrUserName “ “
NULL非-NULL文字列 エラー エラー
非-NULL文字列 非-NULL文字列 pstrUserName pstrPassword

nPort

サーバーを使用する TCP/IP ポートを識別する番号。

bPassive

パッシブまたはアクティブ モードでは、この FTP セッションを指定します。TRUEに設定するは Win32 API dwFlag INTERNET_FLAG_PASSIVEに設定されます。

解説

FTP 接続を確立して、 CFtpConnectionオブジェクトへのポインターを取得するにはこのメンバー関数を呼び出す。

GetFtpConnectionは、FTP サーバーに接続を作成し、 CFTPConnectionオブジェクトへのポインターを返します。サーバー上で特定の操作は実行されません。たとえば、ファイルを読み書きする場合は、別の手順としてこれらの操作を実行する必要があります。CFtpConnectionCFtpFileFindのクラス情報をファイルを開く、読み取り、またはファイルへの書き込みのファイルの検索参照してください。参照してください WinInet インターネット プログラミング Visual の C++ プログラマのガイドの手順を一般的な FTP 接続タスクを実行します。

CInternetSession 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CFtpConnection CInternetSession::GetGopherConnectionCInternetSession::GetHttpConnectionCInternetSession::OpenURL(&N)

Index