CInternetFile::SetReadBufferSize

BOOL SetReadBufferSize (UINT nReadSize );

戻り値

成功した場合は 0 だ。それ以外の場合は 0 です。呼び出しが失敗した場合は、Win32 関数 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定するには。

パラメーター

nReadSize

必要なバッファー サイズ (バイト単位)。

解説

CInternetFileによって使用される一時的なバッファーのサイズを設定するにはこのメンバー関数を呼び出します-オブジェクトを派生します。基になる WinInet Api のバッファリングを実行、ので、アプリケーション データを効率的に、読み取るデータの量に関係なく読むことができます、バッファー サイズを選択しないでください。各呼び出し読むにはには通常、大規模な aount データ (たとえば、4 kb 以上) にはが含まれます場合、バッファーは必要ありません。ただし、データの小さな塊を取得するには、読み取りを呼び出す場合、またはReadStringを使用して個々 の行を同時に読み取る場合は、[読み取りバッファー アプリケーションのパフォーマンスを向上します。

既定では、 CInternetFileオブジェクト、読書のためのバッファリングがありません。このメンバー関数を呼び出す場合は、読み取りアクセスには、ファイルが開いていることを確認する必要があります。

いつでも、バッファー サイズを増やすことができますが、バッファーを縮小効果がありません。ReadStringせず最初の呼び出し元のSetReadBufferSizeを呼び出す場合は、4096 バイトのバッファーを取得します。

CInternetFile 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index