CImageList::DrawIndirect

BOOL DrawIndirect (IMAGELISTDRAWPARAMS ※ pimldp );

BOOL DrawIndirect (CDC ※ pDC、int nImageポイント pt、サイズ szポイント ptOrigin、UINT fStyle ILD_NORMAL、DWORD = dwRop SRCCOPY、COLORREF = rgbBack CLR_DEFAULT、COLORREF = rgbFore = CLR_DEFAULT);

戻り値

イメージが正常に描画される場合はTRUE ;それ以外の場合FALSE

パラメーター

pimldp

ポインター、 描画操作に関する情報を含むIMAGELISTDRAWPARAMS構造。

pDC

先のデバイス コンテキストへのポインター。それが終わったらこのCDCオブジェクトを削除する必要があります。

nImage

描画するイメージの 0 から始まるインデックス。

pt

A 画像が描画された point と y? の座標を含むPOINT構造体。

sz

A 描画するイメージのサイズを示すSIZE構造体。

ptOrigin

A 、y?coordinates、左上隅、イメージ自体を描画操作の指定された point を含むPOINT構造体。上記、y?coordinate、x?coordinate の左にあるピクセルのイメージは描画されません。

fStyle

図面のスタイルとは、必要に応じて、オーバーレイ イメージを指定するフラグします。情報については、「解説」のオーバーレイ イメージを参照してください。MFC の既定の実装は、 ILD_NORMAL、イメージ リストの背景色を使用してイメージを描画します。背景色を clr_noneの場合は、イメージが透過的にマスクを使用して描画されます。

他の可能なスタイルのfStyleメンバーの下で記載されている、 IMAGELISTDRAWPARAMSの構造。

dwRop

ラスター オペレーション コードを指定する値。これらのコードは、転送元四角形のカラー データを結合して最終的な色を達成するには、転送先四角形の色データとされますを定義します。MFC の既定の実装は、 SRCCOPY元の四角形が転送先四角形に直接コピーします。FStyleパラメーターは、 ILD_ROPフラグがない場合はこのパラメーターは無視されます。

その他可能な値のdwRopメンバー下記載されている、 IMAGELISTDRAWPARAMSの構造。

rgbBack

既定ではCLR_DEFAULTの画像の背景色です。このパラメーターは、アプリケーション定義の RGB 値または次の値の 1 つにすることができます。:

意味
CLR_DEFAULT 既定の背景色。イメージ リストの背景色を使用して、イメージを描画します。
CLR_NONE 背景色。イメージが透過的に描画されます。

rgbFore

既定ではCLR_DEFAULTの画像描画色。このパラメーターは、アプリケーション定義の RGB 値または次の値の 1 つにすることができます。:

意味
CLR_DEFAULT 既定の前景色の色。システムの強調表示色を使用して、前景色としてイメージを描画します。
CLR_NONE ディザー カラーなし。先のデバイス コンテキストの色とイメージのブレンドします。

のみfStyleILD_BLEND25またはILD_BLEND50フラグが含まれている場合は、このパラメーターを使用します。

解説

イメージ リストからイメージを描画するにはこのメンバー関数を呼び出します。Win32 構造を自分で入力する場合は、最初のバージョンを使用します。MFC の既定の引数の 1 つ以上の利用や、構造の管理を回避する場合は、2 番目のバージョンを使用します。

オーバーレイ イメージは、プライマリ ・ イメージは、このメンバー関数のパラメーター nImageで指定の上に描画されるイメージです。1 から始まるインデックスを使用して指定されたオーバーレイ マスクの描画関数を使用して、オーバーレイ マスクを描画、 INDEXTOOVERLAYMASKマクロ。

CImageList 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CImageList::SetOverlayImage(&N)

Index