CHttpServerContext::WriteClient

BOOL WriteClient (LPVOID lpvBuffer、LPDWORD lpdwBytes、DWORD dwReserved = 0);

戻り値

成功した場合は 0 以外それ以外の場合 0。呼び出しが失敗した場合は、Windows の機能 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定するには。

パラメーター

lpvBuffer

データが書き込まれるバッファーへのポインター。

lpdwBytes

バッファーによって参照されるバッファーから書き込む文字の数を保持する DWORD へのポインター。

dwReserved

将来使用するために予約。

解説

すぐに、HTTP クライアントに情報を送信するにはこのメンバー関数を呼び出します。たとえば、 WriteClientを使用して、エラー メッセージを送信するには。

CHttpServerContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CHttpServerContext::ReadClient(&N)

Index