CHttpServerContext::GetServerVariable

BOOL GetServerVariable (LPTSTR lpszVariableName、LPVOID lpvBuffer、LPDWORD lpdwSize );

戻り値

成功した場合は 0 以外それ以外の場合 0。呼び出しが失敗した場合は、Windows の機能 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定します。エラー値が含まれます

意味
ERROR_INVALID_PARAMETER 不正な接続ハンドル。
悪いまたはサポートされていない変数識別子。
ERROR_INSUFFICIENT_BUFFER バッファーが小さすぎますが必要サイズで返される※ lpdwSize
ERROR_MORE_DATA バッファが小さすぎて、データの一部のみを返します。データの合計サイズは返されません。
ERROR_NO_DATA 要求されたデータは利用できません。

パラメーター

lpszVariableName

変数を示す null で終わる文字列を要求されています。現在の変数の一覧については、「解説を参照してください。

lpvBuffer

要求された情報を受け取るバッファーへのポインター。

lpdwSize

バッファーの使用可能なバイト数を示すDWORDへのポインター。正常に完了には (null 終端のバイトを含む)、バッファーに転送されたバイト数にはDWORDが含まれています。

解説

情報を HTTP 接続、または、サーバー自体は、呼び出し元によって指定されたバッファーに関連するこの関数をコピーします。

LpszVariableNamesの値を含める:

意味
AUTH_TYPE 認証 used.nbsp の種類が含まれています。たとえば、基本認証を使用する場合、文字列"Basic"になります。Windows NT チャレンジ/レスポンスは、"NTLM"になります。他の認証スキームは、他の文字列になります。新しい認証の種類はインターネット サーバーに追加することができますので、すべての可能な文字列を一覧表示することはできません。文字列が空の場合は、認証も使用しません。(&N)。
CONTENT_LENGTH クライアントから受信するには、スクリプトが期待できるバイト数。
CONTENT_TYPE POST 要求の本体に指定されている情報のコンテンツの種類。
GATEWAY_INTERFACE このサーバーに準拠する CGI 仕様のリビジョン。CGI や 1.1 は、現在のバージョンです。
PATH_INFO クライアントによって指定された追加のパス情報。これは、URL の末尾の部分拡張 DLL (スクリプト) 名がクエリ文字列の前に (もしあれば) 構成します。
PATH_TRANSLATED これはPATH_INFOの値が、仮想パス名と、ディレクトリ仕様に拡大。
QUERY_STRING 次のように、情報は?URL には、この拡張 DLL を参照。
REMOTE_ADDR クライアントの IP アドレス。
REMOTE_HOST クライアントのホスト名。
REMOTE_USER これは、クライアントによって提供され、server.nbsp によって認証されたユーザー名が含まれています(&N);
REQUEST_METHOD HTTP 要求メソッド。
SCRIPT_NAME 拡張が実行されている DLL の名前。
SERVER_NAME サーバーのホスト名 (または IP アドレス) は自己参照 Url に表示する必要があります。
SERVER_PORT 要求を受信した、TCP/IP ポート。
SERVER_PROTOCOL 名前とこの要求に関連する情報検索プロトコルのバージョン。通常の HTTP/1.0。
SERVER_SOFTWARE ISA またはサーバー拡張 DLL プログラムが実行されている web サーバーのバージョンと名前。
ALL_HTTP 既に上記の変数の 1 つに解析されていないすべての HTTP ヘッダー。これらの変数は、フォーム HTTP_lt、ヘッダー フィールド名 & gt は。
HTTP_ACCEPT 特別な場合 HTTP ヘッダー。Accept の値: フィールドが連結で区切られた「」。たとえば、HTTP ヘッダーの一部を次に示します
受け入れる: ※/※;q = 0.1受け入れる: テキストと html受け入れる: イメージ ・ jpeg

[ HTTP_ACCEPT変数の値をが:

*/*;q = 0.1、テキスト、html、イメージ/jpeg

CHttpServerContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index