CHttpFilterContext::ServerSupportFunction

BOOL ServerSupportFunction(enum SF_REQ_TYPE sfReq, PVOID pvData, LPDWORD lpdwSize, LPDDWORD lpdwDataType )

戻り値

成功した場合は 0 以外それ以外の場合 0。

パラメーター

sfReq

サーバー要求の種類。可能な値の解説を参照してください。

pvData

0 で終わる文字列へのポインター。その値は、 sfReq拡張機能に固有です。SF_REQ_SEND_RESPONSE_HEADERを使用すると、ステータス オプション、null で終わる文字列 (たとえば、"401 Access Denied") またはNULLの既定の応答には"200 OK"。SF_REQ_ADD_HEADERS_ON_DENIALを使用すると、'\r\n' を終了は、1 つまたは複数のヘッダー行を示す null で終わる文字列は。

lpdwSize

特価;Null で終わる文字列。その値は、拡張機能に固有です。SF_REQ_SEND_RESPONSE_HEADERを使用すると、追加のヘッダーを設定するオプションのデータ ポイント null で終わる文字列です。NULLヘッダーになるかどうかは、空の行で終了します。SF_REQ_ADD_HEADERS_ON_DENIALを使用すると、サイズ (バイト単位)、次の読み取りは(&N)。

lpdwDataType

オプションのヘッダーを追加し、ヘッダーを送信するデータ ポイント null で終わる文字列。Ifnbsp;NULLヘッダーは"\r\n"ペアで終了(&N)。

解説

ISA Api を拡張するにはこのメンバー関数を呼び出す。

SfReq、によって表される HTTP サーバー拡張機能の値は、次のいずれかをすることができます。:

SF_REQ_SEND_RESPONSE_HEADER

ステータス、サーバー バージョン、メッセージの時刻、および MIME (Multipurpose Internet Mail Extension) のバージョンを含む送信、完全な HTTP サーバー応答ヘッダー。サーバー拡張機能は、その他の情報を追加する必要があります最後には、コンテンツ タイプなど、コンテンツ長など、続いて、エキストラの '\r\n'。

SF_REQ_ADD_HEADERS_ON_DENIAL

サーバーが HTTP 要求を拒否すると、指定したヘッダー サーバー エラー応答を追加します。これはすべての要求をフィルターなしのサービスを宣伝するには、認証フィルターをできます。通常、ヘッダー WWW 認証ヘッダーとカスタム認証スキームが指定するどのようなヘッダーでは制限の配置されていません。

SF_REQ_SET_NEXT_READ_SIZE

SF_STATUS_READ_NEXTを返す生データ フィルターでのみ使用。

CHttpFilterContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index