CHttpFile::QueryInfo

BOOL QueryInfo (DWORD dwInfoLevel、LPVOID lpvBuffer、LPDWORD lpdwBufferLength、LPDWORD lpdwIndex = NULL) const;

BOOL QueryInfo (DWORD dwInfoLevel、CStringamp;strLPDWORDdwIndex= NULL) const;(&A)

BOOL QueryInfo (DWORD dwInfoLevelSYSTEMTIME ※ pSysTime、LPDWORD dwIndex = NULL) const;

戻り値

成功した場合は 0 だ。それ以外の場合は 0 です。呼び出しが失敗した場合は、Win32 関数 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定するには。

パラメーター

dwInfoLevel

属性クエリと要求された情報の種類を指定する、次のフラグの組み合わせ:

lpvBuffer

情報を受け取るバッファーへのポインター。

lpdwBufferLength

エントリには、このデータ バッファーの文字数またはバイト数の長さを表す値を指します。このパラメーターの詳細については、解説を参照してください。

lpdwIndex

0 から始まるヘッダー インデックスへのポインター。NULLにすることができます。このフラグを使用して、同じ名前を持つ複数のヘッダーを列挙します。入力には、 lpdwIndexを返すには、指定したヘッダーのインデックスを示します。出力では、 lpdwIndexの次のヘッダーのインデックスを示します。次のインデックスが見つからない場合は、 ERROR_HTTP_HEADER_NOT_FOUNDが返される。

str

返される情報を受け取るCStringオブジェクトへの参照。

dwIndex

インデックス値。LpdwIndexを参照してください。

pSysTime

Win32 へのポインター SYSTEMTIME構造体。

解説

応答または要求のヘッダーを HTTP リクエストからこのメンバー関数を呼び出しています。このメンバー関数を使用して、 SendRequestを呼び出しまたはOpenURLでは正常に作成、 CHttpFileオブジェクトに成功した呼び出しの後にのみ。

QueryInfoから、次の種類のデータを取得することができます。:

文字列をバッファーに書き込まれ、関数が成功した場合は、 lpdwBufferLengthにマイナス、終端のNULL文字を 1 文字の文字列の長さが含まれています。

可能なdwInfoLevel値を含める:

CHttpFile 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CInternetFileCHttpConnection::OpenRequestCFtpConnectionCGopherConnectionCInternetConnection(&N)

Index