CHttpFile::CHttpFile

CHttpFile (HINTERNET と、hFile、HINTERNET hSession、LPCTSTR pstrObject、LPCTSTR pstrServer、LPCTSTR pstrVerb、DWORD dwContext );

CHttpFile (HINTERNET と、hFile、LPCTSTR pstrVerb、LPCTSTR pstrObjectCHttpConnection ※ pConnection );

パラメーター

hFile

インターネット ファイルへのハンドル。

hSession

インターネット セッションへのハンドル。

pstrObject

CHttpFileオブジェクトを含んでいる文字列へのポインター。

pstrServer

サーバーの名前を含む文字列へのポインター。

pstrVerb

要求を送信するときに使用するメソッドを含む文字列へのポインター。ポスト、または取得することができます。

dwContext

CHttpFileオブジェクトのコンテキスト識別子。このパラメーターの詳細解説を参照してください。

pConnection

CHttpConnectionオブジェクトへのポインター。

解説

CHttpFileオブジェクトを作成するにはこのメンバー関数が呼び出されます。

決して、 CHttpFileオブジェクトを直接構築;むしろ代わりにCInternetSession::OpenURLまたはCHttpConnection::OpenRequestを呼び出す。

DwContextの既定値によって MFC CHttpFileオブジェクトに、 CHttpFileオブジェクトの作成、 CInternetSessionオブジェクトから送信されます。CInternetSession::OpenURLまたはCHttpConnectionCHttpFileオブジェクトを構築するを呼び出すときは、コンテキスト識別子を選択するのに値を設定する既定値をオーバーライドできます。コンテキスト id を識別オブジェクトのステータスを提供するには、 CInternetSession::OnStatusCallbackが返されます。参照してください インターネットの最初のステップ: WinInetコンテキスト id の詳細について。

CHttpFile 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CInternetFile(&N)

Index