CHtmlStream::CHtmlStream

CHtmlStream (UINT nGrowBytes = 4096);

CHtmlStream (バイト ※ lpBuffer、UINT nBufferSize、UINT nGrowBytes = 0);

パラメーター

nGrowBytes

バイトのメモリ割り当ての増加。

lpBuffer

サイズnBufferSizeの情報を受け取るバッファーへのポインター。

nBufferSize

ファイル バッファーのサイズをバイト単位で指定する整数。

解説

CHtmlStreamオブジェクトの構築時に、フレームワークによってこのメンバー関数を呼びます。

通常、 CHtmlStreamオブジェクトが自動的に作成されをCHttpServer::ConstructStreamを渡した。CHttpServer::ConstructStreamをオーバーライドすることで、 CHttpServerContextオブジェクトに関連付けられているCHtmlStreamオブジェクトの動作を変更することができます。たとえば、 nGrowBytesの特定の値に設定することがあります。NGrowBytesを設定した場合は、コードのパフォーマンスに影響を与えるので注意してください。NGrowBytesパラメーター MFC はどのように急速に、ストリームに関連付けられたメモリ ブロックの増加に指示します。値が大きい場合は、コードが高速になりますが、メモリを無駄にします。値が小さい場合より少ないメモリを使用するコードより頻繁にメモリを割り当てることで、時間を無駄に。

CHtmlStream 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CHtmlStream::InitStreamCHtmlStream::AttachCHtmlStream::Alloc(&N)

Index