CHotKeyCtrl::GetHotKey

DWORD GetHotKey ( ) const;

void GetHotKey ( WORD amp;wVirtualKeyCode, WORD wModifiers ) const;(&A)

戻り値

最初の使用上、 DWORDで仮想キー コードと修飾子フラグが含まれています。修飾子フラグの上位ワード仮想キー コードは、下位ワードをであり。HIWORD、LOWORD この 32 ビット値のSetHotKeyメンバー関数のパラメーターとして使用することができます。

パラメーター

wVirtualKeyCode

ホット キーの仮想キー コード。

wModifiers

キーを示す修飾フラグは、 wVirtualKeyCodeと組み合わせて使用すると、ホット キーの組み合わせを定義。

解説

ホット キー コントロールから仮想キー コードと修飾子フラグのホット キーを取得するには、この関数を呼び出す。

修飾子フラグが次の値の組み合わせをすることができます。:

CHotKeyCtrl の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CHotKeyCtrl::SetHotKey(&N)

Index