CGopherConnection::OpenFile

CGopherFile ※ OpenFile (CGopherLocatoramp;refLocatorDWORDdwFlags= 0、LPCTSTRpstrViewNULL、DWORD =dwContext = 1 );(&A)

戻り値

開くには、 CGopherFileオブジェクトへのポインター。

パラメーター

refLocator

CGopherLocatorオブジェクトへの参照。

dwFlags

INTERNET_FLAG_ ※ フラグの組み合わせ。CInternetSession::OpenUrlを INTERNET_FLAG_ ※ フラグの詳細についてを参照してください。

pstrView

ファイル表示文字列へのポインター。サーバーで、ファイルの複数のビューが存在する場合は、このパラメーターを開くには、ファイルのビューを指定します。PstrViewNULLの場合は、ファイルの既定のビューが使用されます。

dwContext

開かれているファイルのコンテキスト ID。解説 dwContextについての詳細を参照してください。

解説

Gopher サーバー上のファイルを開くにはこのメンバー関数を呼び出す。

あなたの選択の値にコンテキスト識別子を設定するには、 dwContext既定をオーバーライドします。コンテキスト id は、この特定の操作のCInternetSessionオブジェクトによって作成されたCGopherConnectionオブジェクトに関連付けられます。値の識別、操作のステータスを提供するには、 CInternetSession::OnStatusCallbackが返されます。参照してください インターネットの最初のステップ: WinInet Visual の C++ プログラマのガイドのコンテキスト id の詳細について。

CGopherConnection 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CFtpConnectionCHttpConnectionCInternetConnectionCGopherFileCGopherLocatorCInternetSession(&N)

Index