CFtpConnection::PutFile

BOOL PutFile (LPCTSTR pstrLocalFile、LPCTSTR pstrRemoteFile、DWORD dwFlags FTP_TRANSFER_TYPE_BINARY、DWORD = dwContext = 1);

戻り値

成功した場合は 0 だ。それ以外の場合は 0 です。呼び出しが失敗した場合は、Win32 関数 GetLastErrorを呼び出してすると、エラーの原因を特定するには。

パラメーター

pstrLocalFile

ローカル システムから送信するファイルの名前を含む文字列へのポインター。

pstrRemoteFile

FTP サーバー上に作成するファイルの名前を含む文字列へのポインター。

dwFlags

ファイルの転送が発生する条件を指定します。OpenFileで説明されている FTP_TRANSFER_ ※ 定数のいずれかをすることができます。

dwContext

ファイルを配置するためのコンテキスト id。解説 dwContextについての詳細を参照してください。

解説

FTP サーバー上のファイルを保存するにはこのメンバー関数を呼び出す。

PutFileは、すべての FTP サーバー上のファイルの保存と関連付けられている操作を処理する高水準ルーチンです。アプリケーションはのみデータを送信または近い制御、ファイル転送が必要なOpenFileCInternetFile::Writeを使用する必要があります。

あなたの選択の値にコンテキスト識別子を設定するには、 dwContext既定をオーバーライドします。コンテキスト id は、この特定の操作のCInternetSessionオブジェクトによって作成されたCFtpConnectionオブジェクトに関連付けられます。値の識別、操作のステータスを提供するには、 CInternetSession::OnStatusCallbackが返されます。参照してください インターネットの最初のステップ: WinInetコンテキスト id の詳細について。

CFtpConnection 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CInternetConnection(&N)

Index