CFrameWnd クラス メンバー

データ メンバー

m_bAutoMenuEnable コントロールの自動を有効にして機能のメニュー項目を無効にします。
rectDefault ウィンドウの初期サイズと位置を選択するウィンドウがCFrameWndオブジェクトの作成時にこの静的CRectをパラメーターとして渡す。

建設

CFrameWnd CFrameWndオブジェクトを構築します。

初期化

作成します。 作成し、 CFrameWndオブジェクトに関連付けられた Windows フレーム ウィンドウを初期化する呼び出し。
LoadFrame リソース情報をフレーム ウィンドウを動的に作成します。
LoadAccelTable アクセラレータ テーブルをロードします。
LoadBarState コントロール バーの設定を復元します。
SaveBarState コントロール バーの設定を保存します。
ShowControlBar コントロール バーを表示します。
SetDockState フレーム ウィンドウのメイン ウィンドウにドッキングします。
GetDockState フレーム ウィンドウのドッキング状態を取得します。

操作

ActivateFrame ユーザーに表示され、使用可能なフレームをします。
InitialUpdateFrame すべてのビューと呼ばれるにフレーム ウィンドウに属するOnInitialUpdate関数を原因します。
GetActiveFrame アクティブなCFrameWndオブジェクトを返します。
SetActiveView アクティブなCViewオブジェクトを設定します。
GetActiveView アクティブなCViewオブジェクトを返します。
CreateView CViewから派生していないフレーム内のビューを作成します。
GetActiveDocument アクティブのCDocumentオブジェクトを返します。
コントロール バーを取得します。
GetMessageString コマンド ID に対応するメッセージを取得します。
IsTracking 分割バーが現在移動中であるかどうかを決定します。
SetMessageText 標準のステータス バーのテキストを設定します。
EnableDocking コントロール バーをドッキングすることができます。
DockControlBar コントロール バーをドッキングします。
FloatControlBar コントロール バーをフローティングします。
BeginModalState フレーム ウィンドウをモーダルに設定します。
EndModalState フレーム ウィンドウのモーダル状態を終了します。すべてのBeginModalStateによって無効にできます。
InModalState フレーム ウィンドウがモーダル状態であるかどうかを示す値を返します。
ShowOwnedWindows CFrameWndオブジェクトの子孫であるすべてのウィンドウが表示されます。
RecalcLayout CFrameWndオブジェクトのコントロール バーを再配置します。

オーバーライド

OnCreateClient クライアント ウィンドウ フレームを作成します。
OnSetPreviewMode アプリケーションのメイン フレーム ウィンドウと印刷プレビュー モードを設定します。
GetMessageBar ステータス バーをフレーム ウィンドウに属するポインターを返します。
NegotiateBorderSpace フレーム ウィンドウの境界領域をネゴシエートします。

コマンド ハンドラー

送ら SHIFT キーを押しながら F1 ヘルプの場所の項目を処理します。

CFrameWnd 概要|nbsp;基本クラスのメンバー |階層図(&N)

Index