CFormView::CFormView

CFormView ( LPCTSTR lpszTemplateName );

CFormView ( UINT nIDTemplate );

パラメーター

lpszTemplateName

ダイアログ テンプレート リソースの名前を指定する null で終わる文字列が含まれています。

nIDTemplate

ダイアログ テンプレート リソースの ID 番号が含まれています。

解説

CFormViewから派生した型のオブジェクトを作成するときは、ビュー オブジェクトを作成し、ビューの基になるダイアログ リソースを識別するには、コンス トラクターのいずれかを呼び出します。名前 (コンス トラクターに渡す引数として文字列) またはその ID (パスを引数として符号なし整数) で、リソースを識別することができます。

:Createが呼び出されるまでフォーム ビュー] ウィンドウおよび子コントロールは作成されません。:Createは、ドキュメント テンプレートによって駆動され、ドキュメントとビューの作成プロセスの一部として、フレームワークによって呼び出されます。

特価;あなたの派生クラスする必要があります独自のコンス トラクターを指定します。コンス トラクターでは、コンス トラクター、 CFormView::CFormViewリソース名と ID、上記のクラスの概要を示すように、引数として起動します。(&N)。

|Nbsp; CFormView の概要クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;:Create(&N)

Index