CFileFind::GetLastAccessTime

仮想 BOOL GetLastAccessTime ( CTimeamp;refTime ) const;(&A)

仮想 BOOL GetLastAccessTime (FILETIME ※ pFileTime) const;

戻り値

成功した場合は 0 だ。失敗した場合は 0 です。GetLastAccessTimeはのみFindNextFile決してこのCFileFindオブジェクトで呼び出された場合に 0 を返します。

パラメーター

pFileTime

ポインター、 、ファイルに最後にアクセスされた時間を含むFILETIME構造体。

refTime

CTimeオブジェクトへの参照。

解説

指定したファイルが最後にアクセスされた時刻を取得するにはこのメンバー関数を呼び出す。

GetLastAccessTimeを呼び出す前に少なくとも 1 回FindNextFileを呼び出す必要があります。

メモすべてのファイル システムでは、同じセマンティクスを使用してこの関数によって返されるタイムスタンプを実装します。この関数は、基になるファイル システムまたはサーバー、時間属性を維持がサポートしない場合他時刻スタンプ関数によって返される同じ値を返すことがあります。参照してください、 の時刻の形式に関する情報を受け取る Win32_FIND_DATA構造。オペレーティング システムによっては、返される時刻ゾーンのローカル マシンにされたファイルがある時間です。Win32 を参照してください FileTimeToLocalFileTime API の詳細。

CFileFind 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index