CFileDialog::GetNextPathName

CString GetNextPathName (POSITIONamp;pos) const;(&A)

パラメーター

pos

以前のGetNextPathNameまたはGetStartPosition関数呼び出しによって返される位置の値への参照。リストの末尾に達している場合は、 NULL

戻り値

ファイルの完全なパス。

解説

ダイアログ ボックスで選択したグループから次のファイル名を取得するには、この関数を呼び出します。ファイル名のパスには、ファイルのタイトルには、全体のディレクトリ パスが含まれます。たとえば、 GetNextPathNameを返します」C:\FILES\TEXT。DAT"ファイル C:\FILES\TEXT.DAT。GetStartPositionへの呼び出しを最初の位置を確立する場合、順方向の反復ループでGetNextPathNameを使用することができます。

1 つだけのファイルの選択で構成される場合は、そのファイル名が返されます。

CFileDialog の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CFileDialog::GetFileNameCFileDialog::GetStartPosition(&N)

Index