CFile::WriteHuge

void WriteHuge ( const void ※ lpBuf, DWORD dwCount );
スロー ( CFileException );

パラメーター

lpBuf

ファイルに書き込むデータを含む、ユーザーが指定したバッファーへのポインター。

dwCount

バッファーから転送されるバイト数。テキスト モード ファイルでは、キャリッジ リターンとラインフィードの組み合わせ 1 つの文字としてカウントされます。

解説

CFileオブジェクトに関連付けられたファイルには、バッファーからデータを書き込みます。WriteHugeに応答して、ディスク状態を含む、いくつかの条件は例外をスローします。

64K?1 バイトのデータよりWriteHugeを書き込むことができますで、この関数からの書き込みとは異なります。CFileから派生したオブジェクトでこの関数を使用することができます。

特価;WriteHugeは、下位互換性のためにだけ提供されます。WriteHuge書くWin32 下同じセマンティクスがあります。(&N)。

|Nbsp; CFile の概要クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;:ReadCFile::ReadHugeCFile::WriteCStdioFile::WriteString(&N)

Index