CFile::Open

仮想BOOLオープン (LPCTSTRlpszFileName,UINTnOpenFlags,CFileException ※pErrorNULL=);

戻り値

オープンに成功したそれ以外の場合は 0 です。PErrorパラメーターは 0 が返された場合に意味があります。

パラメーター

lpszFileName

目的のファイルへのパスを表す文字列。相対、絶対パス、またはネットワーク名 (UNC) パスをすることができます。

nOpenFlags

UINTファイルの共有とアクセス モードを定義します。それには、ファイルを開くときに実行するアクションを指定します。ビットごとの OR (|) 演算子を使用してオプションを組み合わせることができます。1 つのアクセス許可と 1 つの共有オプションが必要です。modeCreatemodeNoInheritのモードはオプションです。CFileコンス トラクター モード オプションの一覧を参照してください。

pError

失敗した操作の状態を受信する既存ファイル例外オブジェクトへのポインター。

解説

オープンは、既定のCFileコンス トラクターで使用する設計されています。2 つの関数の障害は通常、予想される条件は、ファイルを開く、「安全」メソッド フォーム。

CFileコンス トラクターがエラー状態では例外をスローしますが、開いている FALSEのエラー条件を返します。オープンまだただし、エラーを記述するCFileExceptionオブジェクトを初期化できます。PErrorパラメーターを指定しない場合、またはがpErrorはのNULLを渡す場合は、オープンFALSEを返すし、 CFileExceptionはスローされません。関数、既存CFileExceptionには、ポインターを渡すし、オープンエラーが発生する場合は、そのエラーを説明する情報が入力されます。どちらの場合も開いて例外がスローされます。

次の表に、結果のオープン

pError エラーが発生しました? 戻り値 CFileException コンテンツ
NULL なし TRUE を設定します。 なし
CFileException なし TRUE を設定します。 変更
NULL はい FALSE なし
CFileException はい FALSE エラーを説明する初期化

CFile::Open の//exampleCFile f;CFileException e;char ※ pFileName ="test.dat";場合 (! f.Open (pFileName、CFile::modeCreate |CFile::modeWrite、amp; e)){#ifdef _DEBUGafxDump <<」ファイル開くことができません「<< e.m_cause <<"\n";#endif}

|Nbsp; CFile の概要クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CFile::CFileCFile::Close(&N)

Index