CFile::GetStatus

BOOL GetStatus ( CFileStatusamp; rStatus ) const;(&A)

静的 BOOL パスカル GetStatus ( LPCTSTR lpszFileName, CFileStatusamp; rStatus );(&A)

戻り値

指定したファイルのステータス情報を正常に取得した場合TRUE ;それ以外の場合、 FALSE

パラメーター

rStatus

ステータス情報を受信するユーザーが指定したCFileStatus構造への参照。CFileStatus構造は次のフィールドがあります。:

lpszFileName

Windows 文字の文字列は、目的のファイルをパスを設定します。パスが相対または絶対にすることができますがネットワーク名を含めることはできません。

解説

仮想のバージョンのGetStatusこのCFileオブジェクトに関連付けられたファイルを開くのステータスを取得します。M_szFullName構造体のメンバーには値は挿入されません。

静的なバージョンは、名前付きのファイルの状態を取得し、ファイル名をm_szFullNameにコピーします。この関数は、ファイルを実際に開かなくても、ディレクトリ エントリからファイルのステータスを取得します。ファイルの存在とアクセス権限をテストするのに便利です。

M_attributeファイル属性です。象徴的属性を指定できるように Microsoft Foundation クラス、列挙型の属性を提供します。:

列挙属性 {特価;通常 0x00、=readOnly = 0x01、隠された 0x02、=システム 0x04、=ボリューム = 0x08、ディレクトリ = 0x10、アーカイブ = 0x20}(&N)

CFile::GetStatus の//exampleCFileStatus の状態;extern CFile cfile;場合 (cfile。GetStatus (ステータス)) 特価;//仮想メンバー関数{#ifdef _DEBUGafxDump <<」ファイル サイズ ="<< status.m_size <<"\n";#endif}char ※ pFileName ="test.dat";場合 (CFile::GetStatus (pFileName、状態))//静的関数{#ifdef _DEBUGafxDump <<」完全なファイル名 ="<< status.m_szFullName <<"\n";#endif}

|Nbsp; CFile の概要クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CFile::SetStatusCTime(&N)

Index