CFile::CFilenbsp(&N);

CFile( );

CFile ( int hFile );

CFile ( LPCTSTR lpszFileName, UINT nOpenFlags );
スロー ( CFileException );

パラメーター

hFile

既に開いているファイルのハンドル。

lpszFileName

目的のファイルへのパスを表す文字列。相対または絶対パスを指定できます。

nOpenFlags

共有とアクセス モード。ファイルを開くときに実行するアクションを指定します。ビットごとの OR (|) 演算子を使用して以下のオプションを組み合わせることができます。1 つのアクセス許可と 1 つの共有オプションが必要です。modeCreatemodeNoInheritのモードはオプションです。値は次のとおりです。:

解説

既定のコンス トラクターは、ファイルを開かないがむしろm_hFileCFile::hFileNullに設定します。このコンス トラクターが例外をスローしないため、それしようとする意味がありません/ロジックをキャッチしますOpenメンバー関数を使用して、例外条件を直接テストします。例外処理方法の詳細についてを参照してください、記事 Visual の C++ プログラマのガイド例外

1 つの引数を持つコンス トラクターは、 hFileで識別される既存のオペレーティング システム ファイルに対応するCFileオブジェクトを作成します。アクセス モードまたはファイルの種類には、チェックは行われません。CFileオブジェクトが破棄されると、オペレーティング システム ファイルはクローズされません。自分のファイルを閉じる必要があります。

2 つの引数を持つコンス トラクターは、 CFileオブジェクトを作成し、指定されたパスに対応するオペレーティング システム ファイルを開きます。このコンス トラクターは、最初のコンス トラクターの機能と、 Openメンバー関数を結合します。ファイルを開くときにエラーがある場合、例外がスローされます。通常、このエラーが回復可能であることと、ユーザーに警告する必要があることを意味します。

CFile::CFile の//examplechar ※ pFileName ="test.dat";してください。{CFile f (pFileName、CFile::modeCreate |CFile::modeWrite);}キャッチ (CFileException、e){#ifdef _DEBUGafxDump lt; <」ファイル開くことができません「<< e - > m_cause <<"\n";#endif}END_CATCH

|Nbsp; CFile の概要クラス メンバー |階層図(&N)

Index