CEdit クラス メンバー

建設
属性
操作
クリップボード操作

建設

CEdit CEditコントロール オブジェクトを構築します。
作成します。 Windows エディット コントロールを作成し、 CEditオブジェクトに結び付けます。

CEdit 属性

CanUndo エディット コントロール操作を完了できるかどうかを決定します。
GetLineCount 複数行のエディット コントロール内の行数を取得します。
GetModify 編集コントロールの内容が変更されているかどうかを決定します。
SetModify 設定または、エディット コントロールの変更フラグをクリアします。
GetRect エディット コントロールの書式の四角形を取得します。
GetSel エディット コントロールの現在の選択範囲の開始と終了文字位置を取得します。
このインターフェイスの GetHandle 現在、複数行のエディット コントロールに割り当てられたメモリへのハンドルを取得します。
SetHandle 複数行のエディット コントロールで使用されるローカル メモリへのハンドルを設定します。
SetMargins このCEditの左と右の余白を設定します。
GetMargins このCEditの左と右余白を取得します。
SetLimitText このCEditが受け取れるテキストの最大量を設定します。
GetLimitText このCEditが受け取れるテキストの最大量を取得します。
PosFromChar 指定した文字インデックスの左上隅の座標を取得します。
CharFromPos 指定位置に最も近い文字の行と文字インデックスを取得します。
GetLine エディット コントロールからテキストの行を取得します。
GetPasswordChar テキストを入力すると、エディット コントロールに表示されるパスワード文字を取得します。
GetFirstVisibleLine エディット コントロール内の最上位の可視の行を指定します。

CEdit 操作

EmptyUndoBuffer 編集の取り消しフラグのリセット (クリア) の制御します。
FmtLines ソフト改行文字を含めることは複数行のエディット コントロール内のオンまたはオフの設定します。
LimitText ユーザーがエディット コントロールに入力テキストの長さを制限します。
LineFromChar 指定した文字インデックスを含む行の行番号を取得します。
LineIndex 複数行のエディット コントロール内の行の文字インデックスを取得します。
Linelength 関数 エディット コントロール内の行の長さを取得します。
LineScroll 複数行のエディット コントロールのテキストをスクロールします。
置き換える エディット コントロールの現在の選択範囲、指定したテキストで置換します。
SetPasswordChar 設定またはテキストを入力すると、エディット コントロールに表示されるパスワード文字を削除します。
SetRect 複数行のエディット コントロールの書式の四角形を設定し、コントロールを更新。
SetRectNP コントロール ウィンドウを再描画せずに複数行のエディット コントロールの書式の四角形を設定します。
SetSel エディット コントロールでの文字の範囲を選択します。
SetTabStops コントロールのタブを複数行で停止セットの編集します。
SetReadOnly エディット コントロールの読み取り専用状態を設定します。

CEdit のクリップボード操作

元に戻す 最後の編集コントロール操作を取り消します。
クリア コントロールの削除 (クリア)、現在の選択範囲 (存在する場合) の編集。
コピー 現在の選択範囲 (もしあれば) 編集コントロールをCF_TEXT形式でクリップボードにコピーします。
カット コントロールの削除 (切り取り)、編集での現在の選択 (存在する場合)、コピー、削除したテキストをクリップボードにCF_TEXT形式。
貼り付け データをクリップボードからエディット コントロールの現在のカーソル位置に挿入します。クリップボードにCF_TEXT形式のデータが含まれているだけ場合にデータが挿入されます。

CEdit 概要|nbsp;基本クラスのメンバー |階層図(&N)

Index