CEdit::GetHandle

HLOCAL このインターフェイスの GetHandle ( const;

戻り値

編集コントロールの内容を保持しているバッファーを識別するローカル メモリ ハンドル。単一行のエディット コントロールにメッセージを送信するなど、エラーが発生した場合、戻り値は 0 です。

解説

現在、複数行のエディット コントロールに割り当てられたメモリへのハンドルを取得するには、この関数を呼び出します。ハンドルはローカル メモリ ハンドルと、ローカル メモリ ハンドルをパラメーターとして、ローカルWindows メモリ関数のいずれかを使用できます。

このインターフェイスの GetHandleのみ複数行のエディット コントロールで処理されます。

のみ、ダイアログ ボックスを ds_localedit スタイルで作成された場合複数行のエディット コントロールをダイアログ ボックスではこのインターフェイスの GetHandleを呼び出します。DS_LOCALEDITスタイルが設定されていない場合は、まだ、0 以外の戻り値を取得しますが、返される値を使用することはできません。

特価;このインターフェイスの GetHandle Windows 95 では動作しません。Windows 95 でこのインターフェイスの GetHandleを呼び出す場合は、 NULLが返されます。このインターフェイスの GetHandle Windows NT 3.51 以降のバージョンの下に記載されてに動作します。(&N)。

詳細についてを参照してください EM_GETHANDLE Win32 のドキュメント。

CEdit 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CEdit::SetHandle(&N)

Index